• 水道工事の不断水工法とは

    日常生活を行う上で、水道の使用は欠かせないものですが、概ね40年を経過すると水道管の老朽化が生じてきます。
    水の中にサビが入ったり、特に古い水道管では鉛が使用されているものが残っており、健康被害が危惧されています。



    (実際に被害が証明されたケースはありません)水道工事には断水が付きものとされてきました。しかし大規模な建物では事前告知が必要ですし、場合によっては給水車の手配が必要になります。
    そのような問題を解決するため、不断水工法が開発されています。不断水工法には2種類あり、凍結工法と不断分岐工法があります。


    凍結工法は液体窒素を使用し、水道管を交換する部分を凍結させて水流を止めます。

    日本経済新聞情報のご紹介です。

    洗濯機の使用の際にわざわざ水を止めなくても良いのと同じ原理ですね。
    不断分岐工法は、既設管を囲うようにT字型の分岐用管を取り付けます。

    取り付けた後に既設管を穿孔し、通水することで破片などを流します。

    どちらの不断水工法も必要な部分だけの断水で済むことから、工期の短縮やコストカットに大きな効果があります。



    従来工法では全館での断水が必要だった工事がワンフロアなどの断水で可能になり、工場やホテルなど、水の使用が全体となる建物では事業を中断させる必要がありません。

    メーターの移設やリフォームなどで盛んに使用されています。


    断水告知をしない以上、絶対に失敗は許されない工事ですので、業者の選定については以前と同様に慎重さが必要と言えます。