• 不断水工法は水道が止まる不便さがない工事方法

    水道管を新たに分岐して施設などに供給する必要がある場合、水を止めて工事を行うことは工場や施設、生活者にとって不便な状況になってしまいます。
    特に工場の水を止めなければならなくなると、生産量が落ちるなどして損失を出しかねません。



    工事前に断水の周知を徹底する必要もなく、水が出ない期間がないので給水車の手配や水を汲み置きしておく必要もない、準備しなければならないことが少ないこともメリットである工事です。


    不断水工法を採用することで、どんな状況においても水の供給を止めることなく分岐工事を進めていくことが可能になって、水の利用者は作業中も違和感なく使っていくことが可能です。
    不断水工法による分岐には、専用のバルブを設置する必要があります。

    管種や呼び径によってバルブの種類が違ってくるので、配管状況を確認して準備して作業にあたり、分岐取り付け部分も決定しておきます。

    Yahoo!ニュースの特徴をご紹介する情報です。

    配管が保温材などで覆われている場合には、部分的に取り外して対応することになるため、ある程度保温材の準備も必要です。仕切弁の取り付けは弁が開いていることを確認し、バルブに水圧をかけて漏れがないか確認することを忘れないようにしなければなりません。

    バルブに穿孔機を取り付け穿孔を行い、切断したら仕切弁を閉じて穿孔機を取り外し、分岐する配管の施工が終わってから仕切弁を開き完了します。不断水工法は、工事後に管内清掃を行う手間がかからないので、工事期間の短縮につながります。