• 不断水工事の施工法とそのメリットとは?

    • 不断水工事とは水道管の水の流れを一切止めることなく行う工事の事です。

      どのように行うかというと、主に不断水分岐工法が一般的です。これは水が水道管を通った状態のまま断水することなく分岐設置やバルブ設置を行う工法です。

      不断水分岐工法の施工法は、まず水道管に割T字管と仕切り弁を取り付けます。
      割T字管とは、給水管と配水管から分岐する時に使用する取り付け器具の事です。
      これらを取り付けたら次に穿孔機を取り付けて、水道管に穴を開けていきます。



      穴が開いたら、仕切り弁を閉じて、穿孔機を取り外します。
      最後に分岐側の配管が終わったら仕切り弁を開けて水を通します。


      これで不断水工事を行う事が可能になります。

      安心、信頼のgoo ニュースのココだけの話をしましょう。

      ではこの不断水工事はどのようなメリットがあるのかというと、まず何といっても断水しなくて良いので各家庭で使われている水や、病院などの医療施設、工場など都市活動に全く影響が出ないという点です。
      次に、断水をするとなると、各家庭などではそれぞれ水の汲み置きなどをしなければなりませんが、それも行う必要もありません。



      さらに、断水を行うには何週間も前から周辺の家々に事前告知をしなければなりませんがその必要がないという点です。


      不断水工事は終わった後も水道管内の清掃をする必要もありませんし、工事の前後で水道の蛇口から赤水やサビが出る事もありません。
      そして工事を行う期間は大幅に短縮する事が出来ますし、工事費用も大幅に減らす事ができます。


  • 驚く情報

    • 不断水分岐工法が行われるときと手順

      圧送管路では、使えるようになった後に水が通っている状態のままで、バルブを設置したり、分岐菅を設置したりすることをできるようにする工事の方法のことを不断水分岐工法といいます。この工事の方法は、上水道の水を分岐させるときに本管を断水させることなく工事を進めるために開発された方法なのですが、下水の圧送管路でも、空気弁を追加して設置したり、バイパス管路を作るのに分岐させたり、バルブを追加して設置したりするときに行われています。...

  • 皆が知りたい情報

    • 断水が嫌われる時代に需要が高まる不断水工法

      近頃は、蛇口を捻ると水が出てくるのは当然となっているので、断水をして水道工事を行うことが困難となってきていて、水が通っている状態のままで施工することができる工法を選ぶ必要性が高くなってきています。水道を断水をしない状態のまま、工事を進める施工方法のことを不断水工法といいます。...

  • 生活についての考察・生活の基本知識

    • 不断水工法は水道が止まる不便さがない工事方法

      水道管を新たに分岐して施設などに供給する必要がある場合、水を止めて工事を行うことは工場や施設、生活者にとって不便な状況になってしまいます。特に工場の水を止めなければならなくなると、生産量が落ちるなどして損失を出しかねません。...

    • 水道工事の不断水工法とは

      日常生活を行う上で、水道の使用は欠かせないものですが、概ね40年を経過すると水道管の老朽化が生じてきます。水の中にサビが入ったり、特に古い水道管では鉛が使用されているものが残っており、健康被害が危惧されています。...